28歳でハゲが気になり始めた男のブログ。若ハゲを改善するために取り組んでおくべきことを解説

若ハゲの改善方法まとめ

年代別

30代のハゲに効果的な対策方法を書く!

更新日:

30代の10人に1人はAGA!放置して後悔する前に取るべき対策方法

30代のAGA発症率は12%です。つまり約10人に1人はAGAを発症していることになります。この数字だけでも少し恐ろしいですよね。

AGAは進行型ですので、放置しておけばおくほどどんどん抜け毛が増えて薄くなってきます。40代を迎える頃には、あの小汚くて汗臭い上司のようなテカテカした頭皮をあらわにする姿になっているかもしれませんよ。

自分が今上司をハゲだと思っているように、将来は自分がハゲだと思われている未来も見えてきてしまいます。そうならないためにも、AGAに効果的な対策に1日でも早く取り組むことが大切です。

30代のハゲに効果的な対策1:専門病院でのAGA治療


病院でAGAを治療すると大きく分けて3つの治療方法が提案されます。

1.投薬治療
薬を服用しながら治療していく方法です。プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの薬があり、自分の症状に合わせて専門医が薬を処方してくれます。プロペシアやザガーロには脱毛ホルモンを作ってしまう原因となる5 αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。ミノキシジルには血管拡張作用や発毛効果があるので、髪の毛に十分な栄養を行き渡らせ、薄毛の部分に新たに髪の毛を生やすことができます。毎日飲み続けていくことで徐々に効果が出てきます。

2.注入治療
注入治療は薄毛に効く有効成分を頭皮に直接注入していく治療方法です。レーザーを使用して治療するものもあれば、注射を使用して注入していく方法もあります。金額は注入する成分や方法によって違いますが、約50,000円から120,000円程度の費用が必要になります。

3.自主植毛
これは自分の元気な髪の毛を薄毛の部分に植毛する治療方法です。植毛して、髪の毛が頭皮に馴染めば、一度植毛した髪の毛は抜け落ちます。抜け落ちたら効果が出てきている合図で、そこから徐々に新しい髪の毛が生えてきます。治療の際痛みがある場合もあれば、痛みを感じない場合もあります。病院によって植毛する方法は違いますので、痛みの大きさにも違いがあります。費用は3つの治療方法のうち1番高くて、約400,000円から1,000,000円程度の費用が必要になります。

病院で行われている一般的な薄毛治療は投薬治療です。投薬治療をすることで髪の毛が既になくなっていたとしても、発毛させることができます。

しかし、毎月20,000円から30,000円程度の費用が必要になり、毎月通院しないといけません。
薬を服用しなければならないので副作用のリスクもありますし、特に女性は触ることも禁止されている薬もあります。

結婚していたり彼女がいる場合は要注意しなければいけません。触ったりする可能性もあるので家族に内緒でこっそり使うのはオススメすることができません。

薬の成分は皮膚からも吸収されてしまうので、特に妊娠している女性が近くにいるのであれば、さらに気を張らなければなりません。

AGA治療は、家族と料金や薬の作用について相談して、みんなが納得すれば治療を行えば良いと思います。

ただ、どうしても病院で治療を受けることに抵抗がある場合は、まずは育毛剤を使用して様子を見てみると良いでしょう。

薄毛の症状が初期段階であれば育毛剤でも大きく効果を発揮してくれますので、薄毛の悩みを改善することができますよ。

30代のハゲに効果的な対策2:育毛剤


「育毛剤は効果があるの?本当は効果なんてないんじゃない?」と心配している人も多いです。

確かに少し前までは怪しい商品がたくさん販売されていたので、効果がないと言われても仕方がありませんでした。

しかし、ここ数年で育毛分野の研究も結構進んでおり、様々な新しい薄毛に効く有効成分が発見されるようになりました。

そのため、育毛効果を実感する人も急増してきています。中には臨床実験で結果を出している成分もあるので、今では30代のハゲ対策として定番化してきているんですよ。

「育毛剤は年配の人が使うもの」という固定概念に囚われず、1日も早い対策をすることで薄毛を改善することができるので、一方勇気を踏み出してみましょう。

とは言え、育毛剤であれば何を選んでも良いというわけではありません。

ドラッグストアやスーパー、ネット通販など様々な場所で育毛剤は販売されていますが、すべての育毛剤に効果があるわけではありません。

育毛剤を選ぶ際のポイントを以下でご説明しますので、これらのポイントに当てはまる育毛剤を選ぶようにしましょう。

30代ハゲ対策に使っておくべき育毛剤選びのポイント

30代ハゲの原因はAGAなのでAGAを抑えることが最重要です。育毛剤を選ぶ際はAGAを抑えることを基本として考えることが必要です。

選び方1:AGAの原因を抑える成分が配合されている

AGAの原因と言われているのはジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンです。これは男性ホルモンのテストステロンと、酵素の5αリダクターゼが結びつくことで生成されてしまいます。

ですので、このジヒドロテストステロンを抑える効果のある成分が配合されているものを選ぶ必要があります。

オウゴンエキスやダイズエキスなどには男性ホルモンの働きをブロックする効果がありますし、ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きをブロックする効果があります。

これらの成分が働きかけることでジヒドロテストステロンの生成を防ぐことができるので、抜け毛予防にもつながります。

選び方2:厚生労働省が効果を認めている

育毛剤の公式サイトやパッケージに「医薬部外品」と記載されていれば厚生労働省の許可を得ている証拠です。厚生労働省の許可を得ている事は強みになるので、パッケージ等にもわかりやすく載っていることが多いです。

許可を得ている場合は効果効能の欄に、「抜け毛の予防、発毛促進、薄毛」と記載されており、薄毛に対して大きな効果を期待することができます。

選び方3:続けられる常識的な値段のもの

現在ではたくさんの育毛剤が販売されていますが、商品によって値段がピンキリです。高ければ確実に薄毛を改善することができるというわけではなく、育毛剤を選ぶ上で最も大事な事は入っている成分の質です。

いくら値段が高くても成分の質が良くなければ効果を期待することができませんし、お金の無駄です。

また、育毛剤は毎日使い続けなければ意味がありません。2日に1回や1週間に1回使っていても全く育毛剤の効果は発揮される事はありません。

毎日使い続けることで効果を得ることができるので、続けられるものを選ばなければ意味がないのです。
自分の予算内のもので、配合されている成分の質が良いものを選ぶことが薄毛改善への近道ですよ。

30代のハゲ対策でやりがちなミス

1、ネットの情報に惑わされる
育毛業界はいろいろな業者の思惑が採用しているので、適切な情報を取るのがとても難しいです。

ネットで育毛剤を調べても膨大な数の情報量が出てきますし、どの情報が正しいのかわからないと悩んでいる人も多いです。

中には、サクラやステマなども横行しているので、客観的な情報を判断することが重要なポイントです。

公式ホームページなどで見るべき項目は入っている成分、厚生労働省が許可しているかどうかです。口コミなどを見ても参考にならないこともありますが、これらの項目については嘘をつくことができません。

ですので、口コミや商品の説明ではなく、どのような成分が配合されているか、厚生労働省が許可している成分は配合されているのかなどを確認するようにしましょう。

2、シャンプーやサプリ、運動などを意識するだけ
薄毛対策には「良いシャンプーを使う」、「サプリメントを飲む」、「適度に運動する」が良いと言われていますが、それだけでは効果を期待する事はできません。

シャンプーにもサプリメントにも薄毛に効く有効成分が配合されているわけではありません。あくまでもシャンプーは頭皮環境を清潔にしてくれるもの、サプリメントは不足した栄養を補ってくれるものです。

運動することも汗を流すことで脱毛ホルモンを外部に排出することができると言われているため、良い行動ではあるのですが、育毛を促進させる効果はありません。

いずれも育毛剤や薬と併用して使わなければ効果を得ることができないのです。

3、仕事が忙しくて継続できない
育毛剤は最低でも3ヶ月から6ヶ月程度は継続しなければ意味がありません。育毛剤の効果はヘアサイクルの中の成長期に合わせて発揮してくれるものです。

1ヵ月や2ヶ月程度の短期間では効果を実感することができず、効果が出ないからといって諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、仕事やビジネススキルと同じように、満足できる結果を得たいのであれば毎日使い続けることが重要なポイントとなってきます。

途中で諦めたり、毎日継続することができないようでははげ対策は無理に等しいです。

周りの人の目も気になりますし、早く薄毛を改善したいという気持ちは分かるのですが、焦ってしまっては良い効果を得る事はできません。

また、早く効果が得たいからといって使用量を守らず、ドバドバと多く使っても得られる効果の大きさには変わりはありません。

むしろ育毛剤が蒸発してしまって効果を実感できなくなってしまう場合もあるので、使用量はしっかり守ってくださいね。

-年代別

Copyright© 若ハゲの改善方法まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.