28歳でハゲが気になり始めた男のブログ。若ハゲを改善するために取り組んでおくべきことを解説

若ハゲの改善方法まとめ

若ハゲにシャンプーは効果なし!?シャンプーを買う前に知っておきたい事

投稿日:

若ハゲに効くシャンプーは存在しない!シャンプーに高いお金を出す前にやるべきこと

シャンプーを使用しても薄毛を改善することができません。

シャンプーの働きは頭皮や髪の毛の汚れを落とすことです。薄毛が改善されたり新しい髪の毛が生えたりなど、頭皮を清潔にすること以上の効果はありません。

どれだけ高いシャンプーを使っても、結局は頭皮や髪の毛の汚れを落としてくれるだけです。
育毛成分がたくさん配合されていたとしても、洗い流してしまうので実は意味がないんです。

よくコマーシャルでも「このシャンプーを使えば薄毛が改善される!」と宣伝している商品がありますが、シャンプーを使うだけでは薄毛を改善することができません。

シャンプーに高額なお金を出すよりも前に、若ハゲに効果がある育毛剤を使用しなければお金の無駄になってしまうのです。

若ハゲにはシャンプーよりも育毛剤を使わないといけない理由

シャンプーと育毛剤には効果にどのような違いがあるのか、どちらの方が若ハゲに効果を発揮することができるのかを表でまとめてみました。

シャンプー 育毛剤
効果 頭皮や髪の毛の汚れを落として、頭皮環境を清潔にできる 抜け毛の予防、発毛促進、薄毛の改善
有効成分 なし あり
若ハゲへの効果 なし あり

育毛剤には抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの働きを阻害する効果のある成分や、髪の毛が成長するのを助けてくれる成分など育毛に効果的な成分が豊富に配合されています。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンと酵素の5αリダクターゼが結びつくことでできてしまうものです。

育毛剤にはオウゴンエキスやヒオウギ抽出液など男性ホルモンの働きを阻害する成分やノコギリヤシなど5αリダクターゼの働きを阻害する成分が配合されています。

ジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐことができるので、同時に抜け毛の量を減らすことができます。

さらに、育毛に有効的な成分だけでなく、頭皮の乾燥を防いでくれる保湿成分や紫外線などの刺激から頭皮を守ってくれる成分なども配合されているので、薄毛だけではなく頭皮の匂いやかゆみなども改善することができるのです。

一方、シャンプーには有効成分が配合されていませんし、若ハゲに対しての効果も残念ながらありません。

これまで高いシャンプーを使って薄毛対策をしてきたという人もいますが、その効果を実感できなかった人がほとんどなのです。

育毛成分が配合されているシャンプーも中には販売されていますが、先ほども説明した通り最後には洗い流すので意味がありませんし、成分が浸透することもありません。

シャンプーは頭皮の環境を清潔にするだけで、育毛効果はありませんし、シャンプーだけで若ハゲを改善するのは無理なのです。
ですので、若ハゲを改善したいのであれば、育毛剤を使用しなければいけないのです。

(ポイント)育毛剤なら何を選んでも良いわけではない
育毛成分には薄毛に効く有効成分や保湿成分などたくさんの成分が配合されているといいましたが、育毛剤であれば何を選んでも良いというわけではありません。

40代や50代以降のおじさんとは育毛剤の選び方がそもそも違います。父親が使っていたから同じのを使うのではダメなのです。

薄毛の症状が出てきた原因は人それぞれ違います。AGAが原因だったり、生活リズムが原因だったり、それぞれの原因によって使うべき育毛剤は違うので、注意しなければいけません。

あくまでも自分に合った育毛剤を使うことが大切なのです。自分に合わない育毛剤を使っても効果を得られないどころかただのお金の無駄になってしまいますよ。

「育毛剤はおじさんが使うもの」というイメージは現代でもなかなか拭いきれるものではありませんが、若ハゲを解消するために育毛剤を使用している人は多くいます。

症状がひどく進行してしまうと育毛剤では効果を期待することができなくなってしまうので、気になったら早めに育毛剤で対策をするようにしましょう。

※内部リンク:若ハゲ 育毛剤

若ハゲに良いシャンプーを選ぶために知っておくべきこと

シャンプーも良いものを使いたいという場合はしっかりと選ぶポイントを押さえなければ無駄になってしまいます。

良いシャンプーだけを使っていても意味がないので、あくまでも育毛剤と併用して使うことを基本としましょう。

選び方1:コーティング剤が含まれていないもの

シリコンやその他コーティング剤が含まれているシャンプーをしてしまうと、シリコンが髪の毛を覆ってしまって育毛剤の成分が浸透するどころか、弾き返されてしまうことになるのです。

せっかく薄毛に効く成分が配合されていても、その成分が浸透しなければ何の意味もありません。

ノンシリコンのシャンプーだと髪の毛がきしきしするし、泡立ちが悪いからあまり使いたくないという気持ちは分かるのですが、最近は改良がされて髪の毛のハリやコシを保ちつつもしっかり汚れを落とせるものも販売されているので、そこまで不快感に思う事はありません。

育毛剤の成分をしっかり浸透させるためにも、余計なコーティング剤などが含まれていないものを選んだ方が良いですよ。

成分表を確認してシリコンなどが配合されていないノンシリコンのものを使用して、育毛剤の効果をより引き出してあげましょう。

選び方2:低刺激で頭皮への刺激が少ないもの

シャンプーには大きく分けて3種類のものに分けられます。石油系、石鹸系、アミノ酸系です。

石油系のシャンプーには高級系アルコール洗浄成分が配合されています。具体的にはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどが高級系アルコール洗浄成分として呼ばれています。

これらの成分は泡立ちが良く、洗い心地が良いのですが、その分洗浄力が強すぎて頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があるのです。

皮脂というと全てを取り除かなければいけないと思ってしまうかもしれませんが、乾燥や紫外線など外部の刺激から守るために適度の皮脂は必要なのです。

すべての皮脂が取り除かれてしまうと頭皮を守ることができなくなり、頭皮環境が悪化してしまいます。
傷ついた頭皮から雑菌が入り込んで痒みや臭いの原因となったり、薄毛や抜け毛の症状を進行させてしまう危険性もあるのです。

ですので、これらの成分が配合されているシャンプーを選ぶのはやめましょう。

また、石油系のシャンプーよりは洗浄力が落ちますが、石鹸系のシャンプーも洗浄力が強すぎるのでおすすめできません。

3種類の中でも1番値段が張ってしまうのがアミノ酸系シャンプーなのですが、これは頭皮に必要な皮脂を残しつつも頭皮環境を清潔にしてくれるので、育毛剤の効果を高めたいのであればアミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。

また、石油系界面活性剤や防腐剤、着色料などが無添加なものを選びましょう。
これらの添加物は頭皮の刺激となってしまうので、これもまた様々な頭皮トラブルを招いてしまう原因となってしまいます。

無添加であれば頭皮に刺激となることもありませんし、敏感肌やアレルギー肌の人でも安心して使い始めることができますよ。

若ハゲ対策のためにはシャンプーにも気を使うことで早く効果を実感することができますよ。

選び方3:育毛剤メーカーと揃える

基本的にはシャンプーは育毛剤メーカーと同じものを揃えた方が良いです。

メーカー顔もセットで使ってもらうことを前提に開発しているので、他のシャンプーを使うよりも効果を実感しやすいのです。

育毛剤に配合されている成分の効果が実感しやすいように、また、育毛剤の成分が浸透しやすいようにシャンプーが開発されています。

先ほど説明した高級系アルコール洗浄成分など頭皮に刺激の強い成分を配合されていませんし、石油系界面活性剤や着色料が無添加なものも多いので、育毛剤の成分が浸透するのを邪魔することもありません。

育毛剤がしっかり効果を発揮できるように、あくまでもシャンプーはサポート役として効果を発揮してくれるので、若ハゲにも効果を出すことができますよ。

これらのポイントに合ったシャンプーを選ぶと、育毛剤の効果をより引き出すことができますよ。
頭皮が汚れていれば毛穴づまりが起き、育毛剤の成分が浸透できなくなってしまいます。

また、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまえば、乾燥や紫外線などのダメージを直接受けてしまって頭皮トラブルを招いてしまう原因にもなります。

シャンプーと育毛剤をセットで購入することで、お得な価格で手に入れることができますし、自宅で簡単に薄毛対策をすることができるのです。

若ハゲを効率よく改善したいのであれば、シャンプーにも気を遣ってあげると良いですよ。

若ハゲ対策に使っておきたいシャンプー3選

※ここは放置しておいてください
・イクオス
・チャップアップを
・haru

-対策法

Copyright© 若ハゲの改善方法まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.