28歳でハゲが気になり始めた男のブログ。若ハゲを改善するために取り組んでおくべきことを解説

若ハゲの改善方法まとめ

部位別の対処法

つむじが薄くなる若ハゲを改善するためにやっておくべきこと

更新日:

若ハゲでつむじが薄くなるのはDHTの影響

つむじが薄くなってしまうのはDHT、通称ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンの影響が原因です。

これは体内に生息している男性ホルモンのテストステロンと、酵素の5αリダクターゼが結びつくことで生成されてしまうホルモンです。

ジヒドロテストステロンには血管を収縮させる作用と、髪の毛の成長期を短くさせる働きがあります。

通常であれば十分な栄養素が行き届き、約3年から5年の期間が設けられている成長期間を全うし、強く太い髪の毛になるのですが、ジヒドロテストステロンが生成されてしまうとこのように成長することができません。

血液は髪の毛に栄養を届けてくれる大切な道なのですが、収縮されてしまうことで栄養が行き届かなくなりますし、成長期が短くなることで成長不足になってしまいます。

十分に成長できなかった髪の毛は細く短いままヘアサイクルを終えることとなり、毛根から抜け落ちて薄毛や抜け毛の症状を引き起こしてしまうのです。

薄毛は放置しておけば勝手に良くなるというものではなく、対策が遅れれば遅れるほど進行してしまいます。

薄毛の症状をストップさせるためにはジヒドロテストステロンの働きを抑える必要があるのです。

つむじが薄い若ハゲを解消するなら効果のある育毛剤を使う

薄毛を気にしている多くの人が、育毛剤で若ハゲを解消して薄毛に悩まない生活を取り戻しています。

「周りの人から笑われているのではないかと気になる」、「どうしても薄毛が気になる」などさまざまに薄毛に対して悩みを抱えている人がたくさんいます。

周りの人の目を気にしすぎて人前に出ることができなくなった人も少なくないのです。薄毛のせいで毎日が楽しくなくなるのはとてももったいないことです。

自分が気にしてるほど周りはそこまで気にしていないことが多いのですが、「自分はハゲだからみんなから笑われている」という思い込みにとらわれすぎてしまうのです。たしかにまだ若いのに禿げてきたら悩んでしまいますよね。

しかし、早めに対策をすることで若ハゲを改善することができます。

若ハゲには育毛剤が有効的なので、育毛剤を使用して薄毛を改善し、以前のようなボリュームのある髪の毛を取り戻しましょう。

育毛剤が若ハゲ効く根拠

育毛剤にはDHTを抑える成分が含まれている

育毛剤にはDHTを抑制することのできる成分が含まれています。

例えば、オウゴンエキスやダイズエキスには男性ホルモンの働きをブロックする効果がありますし、ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きをブロックする効果があります。

どちらかの働きをブロックすることでDHTが生成されるのを防ぐことができますし、薄毛予防にもつながるのです。

厚生労働省が「抜け毛の予防・発毛促進・薄毛」に効くと効果を認めている

育毛剤には厚生労働省が効果を認めている成分がたくさん配合されています。
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミンなどの有効成分です。

上記でも説明しました男性ホルモンの働きを阻害する効果のあるオウゴンエキスも厚生労働省が効果を認めています。

センブリエキスには血行促進作用があり、DHTが血管を収縮させてしまったことで届かなくなってしまった栄養を、血流の流れをスムーズにすることで再度頭皮に運ぶことができます。

また、育毛促進作用があるので、髪の毛が太く育つように働きかけてくれる効果もあります。
グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、頭皮の炎症を抑える効果があります。

特につむじ部分は頂点にあるため、乾燥や紫外線などの影響を受けやすいです。
ダメージが溜まって炎症してしまうとバリア機能が破壊され、頭皮が傷つき薄毛や抜け毛の症状を引き起こしてしまいます。

炎症が起きないようにグリチルリチン酸ジカリウムが働きかけてくれるため、脱毛予防になるのです。

塩酸ジフェンヒドラミンも同じように炎症を抑える効果があります。バリア機能を強くしてくれるので、乾燥や紫外線など外部の刺激から頭皮を守ってくれますし、頭皮環境が悪化しないように働きかけてくれます。

このように育毛剤には様々な成分が配合されているので、頭皮の薄毛だけではなくかゆみや匂いまで様々な頭皮トラブルに対してアプローチをかけてくれます。

ただし、つむじハゲに効く育毛剤を選ばなければ意味がありません。つむじはげには上記にもあげたセンブリエキス、オウゴンエキス、ダイズエキス、ノコギリヤシなどが効果的です。

現在では市販でも多くの育毛剤が販売されていますが、そこで売っているようなヘアトニックでは効果を得ることができません。

市販で販売されている育毛剤には配合されている成分数が少なく、厚生労働省が効果を認めた成分も配合されていないことが多いため、効果を期待することができないのです。

近くのドラッグストアで売られている育毛剤の成分表を確認してみてください。
上記で説明した成分はあまり配合されていませんし、全体的に成分の数が少ないです。

どのような成分が配合されているかしっかり確かめた上で購入することが大切です。

おすすめなのはネット通販です。
ネット通販で販売されている育毛剤には厚生労働省が認めた成分が配合されていますし、含まれている成分数が豊富です。

育毛に効果のある成分だけではなく、保湿効果、抗炎症作用など頭皮に関わる成分が数多く配合されています。

成分数が多い方が頭皮に強く働きかけることができるので、薄毛にも効果的ですよ。

ネット通販でもたくさんの種類の育毛剤が販売されているのですが、その中でも自分に合ったものを選んで試してみてくださいね。

全額返金保証が付いているものが多いですし、万が一肌に合わなかった場合もお金を返してもらうことができるので、気軽に試すことができますよ。

つむじが薄い若ハゲに効果的な育毛剤の選び方

つむじハゲに効果を期待するのであれば、DHTの働きを阻害する効果のある成分が含まれているものを選ぶことが重要です。

頭皮の保湿や血行促進成分も重要です。

上記でもお伝えした通り、つむじは体の頂点に存在しています。たくさんの刺激を受けやすい場所でもあるので、頭皮をしっかり保湿して守ってあげなければなりません。保湿成分として有効なのはヒアルロン酸やコラーゲンです。

また、指先や足先と同じように、つむじは末端にあるので血行不良になりやすいです。
血行不良になると髪の毛まで栄養を届けることができなくなり、栄養不足につながります。

また、頭皮が硬くなってしまうので毛穴が収縮され、髪の毛が生えにくい環境を作ってしまうのです。
そのようなことを防ぐためにも、血行促進作用のあるセンブリエキスやトウガラシエキスなどが配合されている育毛剤を選ぶことがポイントです。

育毛剤は毎日使い続けなければ意味がありません。途中で使用をやめてしまうと再度薄毛の症状が出てきてしまうので、また一から対策を始めなければいけなくなってしまいます。

また、髪の毛のヘアサイクルに沿って育毛剤は効果を発揮してくれるので、1ヵ月や2ヶ月程度では効果を期待することはできません。
効果が出るのには長い時間がかかるんだとしっかり理解して、最低でも3ヶ月から6ヶ月は続けるようにしましょう。

※内部リンク:若ハゲ 育毛剤

つむじが薄い若ハゲは1日でも早く対策しないと日に日に薄くなる


つむじハゲはDHTの働きをブロックしない限り、どんどん進行していってしまいます。

対策が遅れれば遅れるほど頂点にぽっかりと穴が開いたようなカッパハゲになってしまう場合があります。
特にDHTは生え際やつむじ部分に多く生息しており、影響を受けやすいです。気づいたときにはツルツルになってしまう危険性もあるんですよ。

ハゲになってしまえば、周りからいじめられたり、女性からは男性として見られなかったりする恐れもあります。

「自分がはげているからみんなから笑われるんだ」、「好きな人に笑われてしまった」、「どうせ自分はハゲだから好きになってもらえない」とどんどんネガティブな考えになっていきます。

しかし、このようにネガティブに考えすぎることでストレスが溜まってしまい、これもまたさらに薄毛や抜け毛の症状を進行させてしまう原因になるんですよ。

たとえ、薄毛の症状が出てきてしまっても一生治らないものではありません。早めに対策をすることで、以前のような生活を取り戻している人は多いので、気づいたらすぐに対策をすることが大切です。

ネガティブな考えばかりを持つのではなく、「ハゲは治るんだ」とポジティブに考えることがポイントですよ。

ただし、ポジティブに考えるだけではいけません。すぐに行動に移すことが大切なのです。

対策が1日1日遅れることにはげは確実に進行してしまうので、気になっているのであれば今日からでも対策をするようにしましょう。

育毛剤はもともとある髪の毛に対して働きかけてくれるものなので、薄毛の症状が初期段階であれば十分に効果を期待することができます。

以前のようにボリューミーな髪の毛になったり、見えていた地肌を隠すことができるので、まずは育毛剤を使用して対策をすることをおすすめします。

-部位別の対処法

Copyright© 若ハゲの改善方法まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.