28歳でハゲが気になり始めた男のブログ。若ハゲを改善するために取り組んでおくべきことを解説

若ハゲの改善方法まとめ

つむじが薄くなる若ハゲを改善するためにやっておくべきこと

更新日:

つむじはげを解消するために効果的な2つの方法

つむじハゲを改善するためには、「薬」もしくは「育毛剤」を使うのが効果的です。

残念ながらシャンプーやサプリメント、生活習慣の見直しだけでは薄毛に効果はありません。

薬や育毛剤には、厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めている有効成分が含まれていますが、シャンプーやサプリメントには含まれていないのです。

薬を使う治療は、強い効果がある一方で副作用のリスクがあります。
抜けの原因となる強力なホルモンを抑えるため、精力減退や勃起不全などの深刻な副作用が挙げられています。

また、薄毛治療は保険が効かないため、治療費も高額になります。
年間で30万円から50万円程度が必要になるため、高額な医療費ローンを組まされることも一部では問題にもなっています。

既に髪の毛がなくなってハゲてしまっている場合は薬を使わないと効果は感じられません。

しかし、まだ毛が生えている場合や、薄毛が気になり始めた初期であれば育毛剤を使って復活することも可能です。

育毛剤の効果については、厚生労働省が発毛促進・抜け毛の予防・薄毛に効くと承認しています。

薬ではないので副作用の心配はありませんし、毎月数千円程度で対策が始められるため、特に10代や20代の若い世代で評価されています。

もちろん、一昔前の怪しい商品とは違い、最近では専門家が推奨する育毛剤も登場しています。

私も育毛剤を使って若ハゲを解消しました。当時は生え際のM字の剃り込みが酷かったですが、今では落ち着いて全く気にならないレベルにまでなりました。

次の記事では、私が実際に使って良かった育毛剤を厳選してまとめているので参考にしてみてください。

 

育毛剤が若ハゲ効く根拠

育毛剤にはDHTを抑える成分が含まれている

育毛剤にはDHTを抑制することのできる成分が含まれています。

例えば、オウゴンエキスやダイズエキスには男性ホルモンの働きをブロックする効果がありますし、ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きをブロックする効果があります。

どちらかの働きをブロックすることでDHTが生成されるのを防ぐことができますし、薄毛予防にもつながるのです。

厚生労働省が「抜け毛の予防・発毛促進・薄毛」に効くと効果を認めている

育毛剤には厚生労働省が効果を認めている成分がたくさん配合されています。
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミンなどの有効成分です。

育毛剤には様々な成分が配合されているので、頭皮の薄毛だけではなくかゆみや匂いまで様々な頭皮トラブルに対してアプローチをかけてくれます。

とはいえ、育毛剤なら何を選んでも良いわけではありません。
当然、効果が期待できるもの、使っても全く変化がないばかりか逆に頭皮環境が悪化するリスクのあるものも存在します。

育毛剤を選ぶ場合、次の記事で解説したことに注意して選ぶと良いでしょう。

つむじが薄い若ハゲは1日でも早く対策しないと日に日に薄くなる

つむじハゲはDHTの働きをブロックしない限り、どんどん進行してしまいます。

対策が遅れれば遅れるほど抜け毛は増え、髪が細くなって地肌が透けやすくなります。

少しでも気になっているなら、1日でも早くに対策に取り組むのが良いでしょう。

育毛剤では効果を実感できないほどハゲが進行してしまえば、高額な治療費が必要な薄毛治療しか選択肢がなくなります。
毎日毎日薬を飲み、副作用のリスクを心配しないといけなくなります。

まずは副作用のリスクが低く、手軽に始められる育毛剤を試してみると良いでしょう。
もし効果がなければ専門医に相談に行けばいいですし、効果があればハゲを気にしなくてよくなりますからね。

関連記事

若ハゲは治らないわけではない!知っておきたい効果のない間違った対策法3選

遺伝による若ハゲは治らないわけではない 遺伝が原因で起きてしまった若ハゲは絶対に治らないわけではありません。 効果的な対策方法に取り組めば解消することができるので、悲観的に考えなくても大丈夫です。 薄 ...

若ハゲの原因はAGA!効果的な2つの対処法を解説

若ハゲの原因はAGA 若ハゲは、AGA(男性型脱毛性)が原因です。多くの男性が薄毛で悩んでいますが、半分以上がAGAだと診断されています。 AGAを引き起こしてしまう要因には、ジヒドロテストステロン( ...

-部位別の対処法

Copyright© 若ハゲの改善方法まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.